お金にまつわる情報をお届けします

ヒロ銭ブログ

お得情報

【徹底比較】携帯会社新料金プラン4社~結局どこにするのがお得なの?~

投稿日:

こんにちは、ヒロ銭です。

菅総理から携帯会社に対して料金プランに対するメスが入り、各社新しいブランドの料金プランが発表されましたね。

2021年3月からは先んじて発表されたドコモのahamo(アハモ)、AUのpovo(ポヴォ)、ソフトバンクのLINEMO(ラインモ)が利用開始となります。

これを機に携帯料金を見直す人も多いと思います。

そこで今回は、大手3社(ドコモ、AU、ソフトバンク)+楽天モバイルを加えて4社の料金プランの比較をしたいと思います。

携帯会社新プラン4社比較

ドコモ-ahamo(アハモ)

メリット

海外82カ国の地域でも追加料金なく利用可能

・無料通話国内5分かけ放題⇒+月額1,000円で24時間無料

・5Gに対応⇒エリア限定、対応機種限定

・2年縛りなし、契約事務手数料無料

・エントリー申込後にdポイント3000Pが貰える⇒dポイントを貯めてる人からすると嬉しい

・SIMカードのみの契約が可能⇒今使ってる端末に差し替えるだけ

<注意点>

・オンライン受付のみ⇒慣れてない人や年配の人はハードルが高い恐れも

・契約できるのは20歳以上⇒親名義で契約し利用者登録は可能

・個人の契約のみ対応で法人契約は不可

・動作確認端末が不明⇒随時WEBページで更新予定

・ドコモ契約者が2021年5月までにahamoを契約する場合、MNPの手続きが必要

・既存のドコモの割引プラン(ファミリー割引、dカード支払割引、みんなドコモ割など)の併用不可

ポイント

  • 国際ローミングが無料なので海外旅行に頻繁に行く人には魅力的
  • 今はコロナで海外に行けないが、明けて海外旅行が増えてきたときにはとてもありがたい

au-povo(ポヴォ)

メリット

トッピングで機能を追加できる⇒そもそもいらない機能を減らせる

・eSIMに対応

・au、UQモバイルブランドとの切替えは手数料無料

<注意点>

・国際ローミングは現状不明

・オンライン受付のみ⇒慣れてない人や年配の人はハードルが高い恐れも

・既存のauの割引プラン(auスマートバリュー、家族割プラス)の併用不可

ポイント

  • トッピング機能は他社にないおススメポイント!そもそも通話をほとんどしない人にとっては、月額2,480円/20GBは安い!
  • 5分通話かけ放題 500円/月(税抜)
  • 通話かけ放題 1,500円/月(税抜)
  • データ追加1GB 500円/1GB(税抜)
  • データ使い放題24時間 200円/日(税抜)

ソフトバンク-LINEMO(ラインモ)

メリット

LINEの通信料無料LINEクリエイターズスタンプ使い放題

・SIMカードがiOS、Androidともに共通

・5Gに対応⇒エリア限定、対応機種限定

・契約事務手数料、SIM交換/再発行、MNP転出手数料、契約解除料は全て無料

・先行エントリーでPayPayボーナス3,000円分

・eSIMおよびeKYC(本人確認)に対応し、最速1時間で開通可能

<注意点>

・オンライン受付のみ⇒慣れてない人や年配の人はハードルが高い恐れも

・サポートは音声・店頭非対応で、オンラインのみ

・キャリアメールや留守番・転送電話には非対応

・開始当初はApple Watchに非対応

・家族割引の対象にはカウントされない

ポイント

  • スマホでのLINE使用率が高い学生にとっては魅力的!
  • CMの本田翼が可愛い!

楽天-Rakuten UN-LIMIT Ⅵ(アンリミットシックス)

メリット

・毎月のデータ通信量に応じ月額料金が決まる段階型定額方式⇒~1GB:無料、1GB~3GB:980円、3GB~20GB:1980円、20GB以上~無制限:2980円(※楽天回線エリア内)

・専用アプリ「Rakuten Link」使用で通話無料

・楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)+1倍⇒楽天経済圏ユーザーにはありがたい

・契約期間の縛りなし、新規事務契約手数料、MNP転出手数料、契約解除料

店舗対応が可能⇒他3社にはない

・製品+プランセット購入で最大25,000ポイント還元キャンペーン

・更にRakuten HANDお申込みなら24,999ポイント還元で機種代実質0円キャンペーン

<注意点>

・楽天回線エリアが限られている⇒拡大中

・楽天モバイルではiPhoneの取り扱いはない⇒SIMフリー端末購入で解消

ポイント

  • 1GB 無料というのは破格的価格!
  • データ無制限で2,980円は格段に安い!
  • 楽天回線エリアがまだ普及段階で使えないエリアが多いのが懸念点

結局お得なのは?

個人的にはahamo(アハモ)、povo(ポヴォ)、LINEMO(ラインモ)の大手3社に関しては、細かな特徴はあるもののそこまで大きな違いはないと思います。

ただご自身の年齢、利用頻度、目的を考えると以下の通りだと思います。

  • 海外旅行大好き⇒【ドコモ:ahamo(アハモ)】
  • 通話はそんなにしない⇒【au:povo(ポヴォ)】
  • 学生、LINEめちゃくちゃ使う⇒【ソフトバンク:LINEMO(ラインモ)】

しかし、楽天-Rakuten UN-LIMIT Ⅵ(アンリミットシックス)は大手3社と比較してとてもお得なので、料金体系やポイントプログラムを考えると、その面に関しては他社よりリードしていると思います。

独自回線エリアがどうしても劣るので、この部分で大きく足を引っ張る形に…

ヒロ銭は既に楽天経済圏内に入っており、クレジットカード、証券・ふるさと納税・電気・インターネットなど楽天にシフトしています。

SPUで楽天ポイントも溜まり、普段のコンビニ決済も溜まったポイントでお買い物ができたりするので、その恩恵はかなり大きいです。

既に楽天回線エリア内に住んでいる人は、間違いなく楽天-Rakuten UN-LIMIT Ⅵ(アンリミットシックス)がお得です。

Copyright© ヒロ銭ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.